♪マリンコントロールCOOKホームページへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.12 駆除ダイブ
寒いですね。。朝晩は串本でも寒くなってきました。
でも、水温は23.24℃あり、まだ快適ダイブができますよ。
最近は平日(今日はなかったけどね)駆除ダイブにいっています。
希望者がおおければ、土日も開催します。

って、ことで、先週土曜日はシーフレンド駆除ダイブとなりました。
一度「なし」になったこの計画。最終的には10人もぐって6個のオニヒトデと、
結果は散々でしたが、「少ないと言う事はいいこと」と言う事で、一応なっとく。

いろんな話をきくと…なるほど、、と。
2004年に大発生して、サンゴは食い尽くされ今では既に今はサンゴがなくっているポイントだそうです。
正直言うと、駆除ダイブにいったからには、「手応え」が欲しいですが…。。

当日はうねりがあり、沢山いるはずの浅場にはいけなかったのですが、水深-5mくらい。
右に左に揺られながら途中でカメに遭遇。
ちょっと楽しかったです。

最近は、昔おこなっていた「サンゴを食害する貝」を駆除していたのですが、
しばらくの間その貝を野放しにしていたので、最近では
オニヒトデと貝の二つを同時に駆除します。
貝が少しだけついているサンゴを見つけると、そのサンゴには必ず根深く潜んでいる。
だから、サンゴを割ってそこの方にいるサンゴを駆除します。
おまけに、サンゴに卵をうみつけて、一粒のたまごから百個単位で貝になるらしい。。。
根こそぎいかないと、串本のサンゴは壊滅する~~。

貝も、オニヒトデも一生懸命いきているんだから…と言う意見もありますが、
サンゴがなくなると、災害や生態系にも変化が…。
どちらがどう…とも言えず。。。
海であそばせてもらっているから、大切にしたいですね。

今、駆除をしているのは島廻りのあたり、と住崎方面(どちらもダイブポイントではないですが)。そのうち、有田港の付近で駆除作業をする予定になると思います。

<<お知らせです>>
シーフレンドでは、オニヒトデ駆除へ参加される方へ、あらかじめ
『オニヒトデ駆除潜水安全管理基準』を読んでいただき、オニヒトデ駆除ダイブに参加するための了解声明書にサインをしていただくとことなりました。
オニヒトデというと、毒があります。
間違ってさされたりすると、とんでもないことになります。
海中で毒を搾り取り、熱湯に患部を浸す。これである程度の毒はとれていきますが、最終的にはかなり晴れ上がります。アナフィラキシーショックの可能性も考えれるので充分な注意が必要です。
内容を文章で理解していただき、納得された上で是非参加者を募集したいと思います。
参加希望の方は、いつでもお問い合わせください。


Secret

TrackBackURL
→http://seafrend.blog105.fc2.com/tb.php/92-bcf927fc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。