♪マリンコントロールCOOKホームページへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セルフダイビングを行う上で必要な技術や知識はいくつかありますが、潜水計画もその一つです。

自分たちで計画を立て、水深や時間や残圧のなどの管理を行わなくてはなりません。
DSCF8728_convert_20110202181950.jpg
現在、日本のダイビングシーンではセルフではないダイビングの方が多数だと思いますが、そうした中では、自ら潜水計画を立てる方は少ないと思います。特に日本の場合、ガイドするのがインストラクターということも少なくないため、ということもあるでしょう。

自分で潜水計画を立てる時、まず「カベ」となるのはダイブテーブルでしょうか?

あの数字で埋め尽くされた表や耳慣れない用語は、確かになじみにくいかもしれません。

ただ、この難解な数字の羅列も、使い慣れてしまえば大したことはありません。そのためには、毎回のダイビングのあと、ログブックをつける時にダイブテーブルを引く習慣をつけるというのも一つの方法です。

幸い、近くにはインストラクターがいるのですから、不明な点はすぐに聞いて、その場で解決することができます。
Secret

TrackBackURL
→http://seafrend.blog105.fc2.com/tb.php/719-c2e5a9df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。