♪マリンコントロールCOOKホームページへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エントリーは、サポートダイバー、障がい者ダイバーの順に行います。エントリーが完了したら、まずは水面で集合。

お互いの状態をチェックし、OKサインを確認したら、アンカーロープに移動します。

この時、障がいの種類や程度によってはサポートが必要な場合もあります。

アンカーロープについたら、再びお互いの状態をチェックし、OKサインを確認してから潜降を開始します。

潜降法は、ダイバーによってはヘッドファースト潜降ができますが、基本はアンカーロープを使って行います。
bP10100053_convert_20110304203720.jpg
潜降中はサポートダイバーは後ろ向きになり、お互いに向き合う形で潜降して行きます。

両下肢が麻痺しているダイバーは、足が浮き上がってしまう場合があります。

四肢に麻痺があるダイバーでは、自分だけではマスククリアが困難な場合があります。

そうした場合に、いち早く適切なアシストができるように、常にアイコンタクトをとり続けます。
Secret

TrackBackURL
→http://seafrend.blog105.fc2.com/tb.php/707-735ce14d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。