♪マリンコントロールCOOKホームページへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、列島を縦断した強烈な低気圧で大時化でした。串本の海は、もちろんクローズ。。。
一夜明けて今朝は、まるで台風一過のような蒼穹とフラットな海。
ポイントは備前沖とイスズミ礁。水温、15.7℃/16.5℃。透明度3~12m/6~15m。
まずは備前沖へ。ポイントにつくと、明らかに視界不良。基本通り、アンカーロープ伝いに潜降です。だんだん降りて行くと水温も下がって行きます。同時に視界も少しず強くなって行きます。結局15m以深では、8~10mくらいの透視度がありました。
2本目は、過去の経験からこちらの方がマシだろうとイスズミ礁へ。結果的には正解!といっても状況はほぼ同様ですが、住崎エリアよりはかなり見えていました。

どうやら、濁りの原因は昨日の時化というよりも黄砂のせいかも。もちろん根拠はありませんが。。。。

そして、魚たちは低水温のためか動きが鈍く、いつもより40%増し(?)くらいに近寄れます。(クマノミは除く)DSCF7320_convert_20100322165357.jpgDSCF7343_convert_20100322165719.jpgこういう時は、被写体に出会えればそれが撮影チャーンス!ということもケッコウ有りです。普段はヒラヒラ泳ぎ回って後ろ姿ばっかりの写真になってしまう彼らにも、かな~り近寄れます。かといって、群もちゃ~んと居てくれます。DSCF7321_convert_20100322165627.jpgこの他にであったのは、ムレハタタテダイ、ウメイロモドキ、ウルマカサゴ、アカエイ、オニハタタテダイ、アオウミウシ、イシガキフグなどなど。。。

まあ、大時化の割りには、思ったほどには濁ってなかったということです。それにしても。この水温の上下の仕方には、少し閉口です。もう春はすぐそこ、というか、桜も散り始めてきたというのに、そろそろ本気で上昇を初めて欲しいものです。

あ、春と言えば、今年もツバメたちが飛来しました。DSCF7469_convert_20100322165751.jpgでも、少し早くないかい?
Secret

TrackBackURL
→http://seafrend.blog105.fc2.com/tb.php/638-558ae7d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。