♪マリンコントロールCOOKホームページへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エルトゥールル号というのをご存知ですか?
オスマントルコ時代の軍艦で、120年前に日本を表敬訪問した帰り、嵐にあって串本の紀伊大島沖で座礁・沈没してしまいました。この時、大島の人たちが生き残った乗組員を親身になって助けたのがもとで、トルコとの友好関係が強く結ばれました。トルコでは、このエピソードが教科書にも載っていて、今でも親日家が多いそうです。
昨日は、そのエルトゥールル号の沈んだ海域に、今でも錨が沈んでいるということで捜索が行われました。私は、通信社の依頼をいただき、サポートとして同行させていただきました。
捜索隊参加ダイバーは10人。現場には新聞各社やテレビ局も来ていました。
現場海域は、紀伊大島南島沖約200~300m。水温17℃。透明度15m。
DSCF6453_convert_20100109084227.jpg
残念ながら、今回の捜索では錨を見つけることはできませんでしたが、陶器の破片やDSCF6464_convert_20100109084414.jpgのような???などが発見されました。この写真のものは、同製品特有の緑青のようなものがついていましたが、専門的な鑑定を待たないと、エルトゥールル号のものかどうかは分かりません。
今回は発見に至りませんでしたが、今後も捜索は行われるとのことで、機会があれば、また行ってきます。
ちなみに、来月中旬から、トルコの研究機関が何度目かの実地調査を行うそうです。こちらにも、可能なら参加したいと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://seafrend.blog105.fc2.com/tb.php/594-2a7dd7bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。