♪マリンコントロールCOOKホームページへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有田前1エントリーしてすぐに撮影したサンゴです。
おもったより透明度はわるくなく、水深は約2m。水底は泥に近い状態なので「着底」はさけたいところです。
サンゴの種類、名前はさっぱりわからないので、質問されると困るのですが、
間違えなく、数種類のサンゴが生息しています。あたり一面にびっしりと生息しているエダサンゴも沢山あります。

だけど、やはり水の中。有田前2←(多分)カワラサンゴ。。
葉っぱ、小枝、泥がサンゴにかかっています。
クリーンアップするには「ゴミ」というより、このようにサンゴにひっかかっている物を除去する。ような感じになるようです。たま~に弁当箱のトレーがあったりしましたけど…。

私は約15分くらいでEXTしたのですが、波スケはお客さん1名と40分くらいのダイビングを楽しんだようです。COOKホームページ 掲示板にて

枝サンゴにはチョウチョウウオ、ヒレナガハギ、クロホシイシモチなどなど、
港の内側だからといってバカにしたらあきませんよ。。港の外とは違う雰囲気で、結構楽しめます。人が出す「いわゆる」ゴミはあまりありません。自然にできたゴミがおおいです。
               と、言う事で…
2007年「シーフレンド前ビーチ・出来る限りクリーンアップダイビング」一日の3ダイブ目に実施いたします。(ご希望の方はご予約時にお伝えください)
費用はタンク代のみ(3ダイブ目以外に潜る場合はビーチダイブといたします)
ご希望あれば!ぜひ!エントリーしてみてください。

<ちょっとコメント>
★水中ライト  必需品です。
★カメラする人 基本的にマクロ(モード)です。
        ここでは難しいけど、撮影してみる価値ありです。
★スキルアップしたい人 ここでは中性浮力。
            コンパスの使いかたがうまくなります。
            バディーシステムの重要性がわかります。
以上の内容から想像してください。
そうです。。濁っています。

昔はきれかったんやで~。この浜も…と、近所のおじさん、おばさん。
サンゴ博士曰く、有田の浜には、串本にあるサンゴの中でここしか見れないものって言う物もあるよ。と。(何と言うサンゴの名前かは覚えてないんですが…)
有田前4


興味ある方!是非!いきましょ!!!
写真をクリックしてみてください。大サイズの写真で見る事ができます。
Secret

TrackBackURL
→http://seafrend.blog105.fc2.com/tb.php/43-69283660
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。