♪マリンコントロールCOOKホームページへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相変わらず、底潮の冷たさが残っています。と言っても、24~25℃くらいはあるんです
けどね。水面近くは、28℃以上をキープ中です。透明度15~20m。

hatatatehaze
グラスワールド:
「ハタタテハゼを撮りたい」というゲストのリクエストで言ってきました。ハタタテハゼを探しつつ行くと、いつもと違うコース取りになってしまいましたが、そのおかげで4組以上のペアに出会うことができました。
ここのハタタテは、結構寄れますよぉ。浮上間際に、同じ船で来ていたイントラさんに「オオモンカエルアンコウ」を教えてもらいました。でもこいつ、クマドリみたいな模様でした。その上、円盤のように体を丸めて、ゴミが漂うように泳いでいました。その他に、ヒロウミウシ、アカハチハゼなど。
izari

イスズミ礁:
出港直前に「ハナホゲウツボの幼魚」の情報が入ってきました。
hanahige
だいたいの位置を聞いて探してみると、いました。真っ黒で、先の割れた鉛筆のような体を穴から出して、相変わらずぱくぱくしていました。その他、食事中のホラ貝、カンムリベラの老成魚、テンスの幼魚など。夏期限定名物の「チョウチョウウオ玉」は、今日は少し小規模でした。観たい方は、今のうちですよ~!
horagai
Secret

TrackBackURL
→http://seafrend.blog105.fc2.com/tb.php/317-b8effdc9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。