♪マリンコントロールCOOKホームページへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、オニヒトデ駆除の後、シーサイドビーチで潜ってきました
ミカドウミウシ、キッカミノウミウシ(見とれる美しさ
大きなハリセンボンやアオヤガラ、アカエイなどがいました。
春の名物フクロノリが、一面にふわふわと、、、

フクロノリはいつもならげんこつサイズくらい
でも今年のは、その2~3倍くらいある大きさのものばかり。
ちょっと調べてみました

このフクロノリは水温がさがると一気に繁殖し、
春の嵐とともに波にもまれ流れ去っていくようです。
あのゆら~ゆら~と茶色の絨毯のようになったフクロノリを眺めていると、
水底が動いているような気がしてくるアレです(笑)

今日の水温は18℃。
毎年15℃まで一気に下がる日もありますが今年はまだです。
。。。と、言うことはまだ水温は下がるかもしれません。
ってことは、下がると増えるんだから、今よりもっと増える?
でも、きょうもほとんど覆い尽くされていました。
後日同じコースで潜ってみたいと思います。
どれくらい変化するでしょうね。

フクロノリについて検索してわかったことがふたつ。
黒潮生物研究所というところには海藻をこよなく愛している人がいること
もうひとつは、フクロノリから抽出される「フノラン」という成分が、
とあるガムにも入っていて、歯の再石灰化を促進させること

すごいですね
海藻一つで、blog書けちゃいました
陸上では梅やさくらが春を告げますが、
水中ではフクロノリが春を告げます。
こよなく愛してしまう気持ちがわかりました
他の海藻も見てみよーっ


Secret

TrackBackURL
→http://seafrend.blog105.fc2.com/tb.php/173-ecb42d02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。