♪マリンコントロールCOOKホームページへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶり、というか、今季初の参加でした。
DSCF5561_convert_20091030051736.jpg
ポイントは、安指(和歌山県の発音で「あだし」と読みます)。水温25℃。透視度15~20m。駆除数62匹でした。
水温、透明度ともにかなり回復してきています。これぞ串本の秋の海!になっています。
ただ、今回のポイントは先日の台風でかなりサンゴがやられています。
DSCF5557_convert_20091030051646.jpg
でも、これは自然の摂理。こうやって、飛び散っていった先でまた繁殖するやつも出てくるのだとか。そうして、群生が大きくなっていくのですね。がんばれ!

ところで、台風被害と言えば、シーフレンドの久々の被害だった屋根の修理が完成しました。
DSCF5564_convert_20091030051926.jpg
近所のホームセンターで材料が大安売りだったので、この機会に全部かえてみました。明るくなったと評判ですよ。
ちょっとうれしいかも。
スポンサーサイト
ポイント:グラスワールド
水温:24.1℃
透明度:13m位

北東の風『かなり』強く、昨夜からシーフレンドの色んなところがガタガタといっていたので、ダイビングは???と心配していましたが、潮岬にまもられて?難なく潜る事ができました。
DSCF5505_convert_20091025221317.jpg
ハタタテハゼ(ペア)、オオモンカエルアンコウ(ずっとココに居る)、ジョーフィッシュ、オルトマンワラエビ、かなり大きくなっているクロユリハゼ(ペア)、キンギョハナダイの群れに、クロススメダイの群れ、ハナゴイの小さな群れは時とともに成長を感じます。
ハナゴイの色がとにかくきれい!
DSCF5515_convert_20091025221421.jpg
オニカサゴはスリバチカイメンの中で休んでいます。
なんて幸せなんでしょ…。

フリソデエビの小さなペアがいるらしいよ。。。と聞いて探したのですが、
なんと検討はずれの場所を探していたらしく、情けない状態です。
次回はぜっっったいにフリソデみてやるぞ~
気温20℃、水温24.5℃
透明度10~13mくらい。2.3日前と比べるとかなりの回復です。
ポイント 住崎エリア、アンドの鼻

ウエットでも大丈夫だけど「私寒がりなの…」と言う事で今日は、今季初のドライスー
ツのゲスト様。なんてったってボートの上ではかなり快適そうです。
DSCF5484+?
クダゴンベ、アカヒメジの群れ、イセエビ、タテジマキンチャクダイ、ハシナガウバ
ウオ。
もうそろそろCLOSEになる(かも…)と言う話もあり、今日もアンドの鼻へ。
クロホシイシモチの群れは健在。その群れの中でタテジマキンチャクダイの幼魚がフ
ラ~フラ~…と。なんだか数が増えてる??というようなハタの姿。それほど大きくない
ハタの背中にヘラヤガラが擬態をして泳いでいる。
(写真は遠くからの物ですが…)
この姿はいつも思うけれど、微笑ましい気分になります。
DSCF5491_convert_20091024235149.jpg
かなりどでかいスジアラ
これも前からこの辺りに住み着いているのか?時に砂地に体をこすりつけたり、また中
層を悠然と泳いでいたり…。
存在感ありです。
DSCF5496+?
ホシダカラ貝とサビウツボ
人のげんこつ位の大きさ。貝を守っているのか?貝にまもられているのか?
このツーショット。なかなか可愛いでしょ。

今日は風つよくなく、透明度も回復していました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。