♪マリンコントロールCOOKホームページへ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
090829ナンヨウハギ幼
ポイント:吉右衛門、住崎エリア
水温:29℃
透明度:20m

恥ずかしがり屋のドリーとでもいいましょうか…。教えてもらったナンヨウハギの幼魚です。何度かシャッターを押したのですが残念ながらこの写真しかおみせできませ~ん。
昨年も同じポイントでサンゴの中に隠れながらを発見出来て、、、今年も会えました。

キイロウミウシ、イソギンチャクモエビ、イソギンチャクカクレエビ、クダゴンベ…などなど、
090829イソギンチャクモエビ

今回は新しくカメラ用のレンズを、落合がつくって(魚眼レンズ)海中で撮影!
かなりの範囲が撮影できるので期待したのですが、屈折率の関係か焦点が合わず。。。残念!。

そのかわりボート上で撮影。
レンズ内部に水滴が残っていたのでぼや~っとした影像となりましたが、
090829ギョガンレンズこんな感じ。

今日から夏休みの東京からのゲストT君。久しぶりのダイビングで今日はがっちりと撮影気分。
目がうつろなのは、夜行バスで到着したからでしょうか…。
090829DB
身体に障がいをもっているT君。がっちりとサポートをされながらのダイビングです。
オクトパスのフローでちょっと焦り気味でした。
約1週間の滞在!明日もよろしく~!

スポンサーサイト
090818アカメイロウミウシ
ポイント:一の根、ハイガマ、シーサイドビーチ
透明度;20m以上(ビーチは砂巻き上がってちょっと濁っていましたが…)
水温;28℃

今日の1枚目もウミウシ写真です。アカメイロウミウシ(だと思います)。全体的に赤色が強すぎてかわいい感じで写真が取れました。

090828ミノカサゴ子供

ハナミノカサゴの子供

  =ミノカサゴとハナミノカサゴの見分け方=
ハナミノカサゴは、尾びれに点々が有ります。「お花畑」=「オハナバタケ」=『尾ハナ畑』なんてね。

サザナミヤッコ成魚と、子供。ツバメウオ子供、ミナミハコフグ幼魚(より少し成長)
090828サザナミヤッコ


で!で!で、今日はビーチでサメ見た。
と、言うのは私だけなのですが…。。。確かに今日のビーチはボラがボラボラいてて、それがまた結構なデカさ。満潮に向かっていた時間帯なので、水底の砂がゆるやか~に巻き上がって、全体的に透明度は良いけど濁っているような…磨りガラスの向うのような景色。
根沿いにゆっくりと進んでいくと、前方にどでかい奴が…ブダイ?いや、、ボラ?にしてはでかすぎる…と思ったときに、サメ独特の流線型は確認できなかったけど尾びれが…
も!も!もしや!サメかも…。
じっくりと見る暇なく、ス~ット砂地へ消えてしまった。
一緒に潜っていたゲスト様は下を見ていて、確認しておらず。。。。
嘘つきガイドになってしまったような…でも、あれは!ぜっっっったいにサメのはず~!!!
 けれど、私しか見ていないので幻想かも…。

いずれにしても海の中は神秘的です。


090827無名ウミウシ
ポイント:住崎エリア、島廻り
水温:28℃
透明度:15~18~20m位

図鑑でしらべてもどうしても分からないウミウシが有ります。
これ!なんて言うウミウシか分かりますか?
キカモヨウウミウシかと思ったのですが…違う感じがする。

今日から「アンドの鼻」解禁です。
冬場限定ポイント、と数年前からしられていたはずなのに、こんなに暖かい時期に解禁になるなんて…と言う事で早速アンドの鼻へいってきました。
090827オニヒトデ
しかも、とうとうこのポイントでもオニヒトデが発見され、1個だけ回収。年間通して水温の暖かさを実感しました。これは残念でしたが、
本日は早朝ダイブから3ダイブ。
久しぶりの島廻りでは透明度も20m以上と、なかなかきれいでした。
090827オルトマンワラエビ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。